女性のダイエットは知らずのうちに薄毛に導く原因になる

近年において20〜30代の若い女性にも増えてきている「薄毛」。
その背景には「綺麗になりたい」ために行っていることが原因にありました。

 

身近で言うと「過度なダイエット」がそれに当たります。
ダイエットは女性永遠のテーマでもありますが、知らずのうちに薄毛に導く原因になっているかもしれません。

 

綺麗になるために行っていることなのに、薄毛になってしまうと元も子もありません。
ツヤとハリのある髪の毛を維持するには、正常なホルモンバランスが必要不可欠です。

 

女性ホルモンである「エストロゲン」が髪の毛を形成する重要な働きを担っています。
過度なダイエットをすることで、ホルモンバランスが崩れてしまうとエストロゲンが正常に分泌されなくなります。

 

よって抜け毛を促し、薄毛に悩むようになってしまうのです。
もちろん体に負担がかからない程度のダイエットであれば問題ありません。

 

しかし最近ではファスティングによるダイエットも行われている時代です。
食事の量が一気に減ることで体への悪影響は想像以上のもの。

 

自律神経が乱れてしまい、血流も悪くなってしまいます。
ダイエットをする際は、栄養面に気をつけながら行っていきたいものです。

 

もう一つ、知らずのうちに薄毛の原因になっているのが「ヘアカラーやパーマ」です。
ファッションとして欠かせないものですが、パーマ液は少なからず頭皮に刺激を与えます。

 

頭皮に負担がかかると、皮膚のバリア機能が低下してしまい抜け毛を促進します。
ひどい方だと、施術後に頭皮がかぶれて痛むことも。

 

まったくカラーやパーマを行っていない人に比べると、頭皮の状態は外部からの刺激を受けやすい状態にあります。
薄毛を今すぐ予防するためには、カラーやパーマをしないことが先決です。

 

とは言っても、ヘアスタイルを楽しみ代世代。
どうしてもカラーやパーマをしたい方は、最低でも2カ月は空けて行うようにしましょう。

 

なるべく頭皮に刺激を与えないよう工夫することが大切です。
また最近では低刺激・敏感肌向けのパーマ液を使用している美容室もあります。

 

そういった美容室で施術してもらうのも薄毛対策に有効的。
ついでに薄毛の相談にも乗ってもらうのもよいでしょう。

 

 

ストレスや不規則な生活を送る女性が増えてきたのも薄毛の原因

 

いまや女性の社会進出が目立つ時代。
昔とは違い男性同様に地位を確立するキャリアウーマンが増えてきました。

 

女性が社会で活躍する時代になったことは素晴らしいことですが、心配な点もあります。
それが「薄毛」に悩む女性が増えてきたということ。

 

男性同様にバリバリ働くことで、ストレスや不規則な生活を送る女性が増えてきたのが理由の一つ。
忙しい毎日を過ごすことで、栄養のある食事もとれず睡眠不足に陥るケースも少なくありません。

 

薄毛になる原因に「男性ホルモン過剰分泌」があります。
一見、男性ホルモンと言うと男性のみに存在するものと思われがちです。

 

しかし、実は女性にも男性ホルモンが存在するのです。
男性ホルモンには薄毛のほか、体毛を濃くしたりヒゲを濃くする作用があります。

 

だからこそ男性に薄毛が目立つ傾向に。
女性は男性に比べ男性ホルモンが少ないため、薄毛になりにくいと言われています。

 

個人差もありますが、男性ホルモンの割合は5〜10%だとか。
主に腎臓や卵巣で分泌されています。

 

疲労やストレスなどで体に負担がかかると、女性ホルモンが正常に分泌されなくなります。
よって男性ホルモンが活発化し、薄毛へとつながってしまうのです。

 

なんだか最近毛が濃くなった、ニキビが出やすくなったなどの症状が現れたら要注意。
ホルモンバランスが崩れているサインですので、一度生活習慣を改める必要があります。

 

薄毛対策にじゅうぶんな睡眠をとったり、上手にストレスを解消することも大切です。
しかしストレス社会において、いきなり生活習慣を変えるのも至難の業。

 

そこで手軽に行える薄毛対策をご紹介します。
それは「ハーブ」を飲むことです。

 

ハーブにはリラックス効果がありストレス緩和にも効果的。
また女性ホルモンをアップさせるのに適した飲み物であり、薄毛対策におすすめです。

 

婦人病の薬としても処方されていたハーブ。
ローズやカモミールなどがポピュラーですが、なかでも「セージ」と呼ばれるハーブが強力な作用をもたらします。。

 

ほかのハーブに比べ、より女性ホルモンをアップさせる効果があるので一度試してみる価値があります。