AGAには2通りの治療方法がある。初めはプロペシアを

男性の場合、薄毛で悩んでいる人の原因はAGAだと言われています。

 

AGAとは、男性型脱毛症の事を指し、その特徴は、頭頂部の毛が薄くなる事や生え際の後退などが主になっています。そして、このAGAの原因としては、男性ホルモンによる場合やストレス、食生活の乱れ。その他、遺伝性など様々な事が挙げられます。

 

そんなAGAによる薄毛治療を行う際は、主に2通りの治療方法があり、一つ目が育毛剤の内服や外用薬。そして、もう一つは、注射器などを使用して、直接、体内に取り込む方法になっています。多くの人は、初めの内服薬や外用薬治療を選択する事が多く、プロペシアが、その代表になっています。

 

プロペシアで薄毛治療を行う場合、ネットなどで輸入品を購入する事も可能ですが、やはり、体の事を考えると医師の診察の下、処方される方法を行う事をお勧めします。その為には、まず、薄毛治療を行っている医療機関を探す事から始めます。ネットなどでも、簡単に検索する事ができる為、さほど、難しい事ではないかと思います。

 

ここで注意が必要なのが、医療機関だからと言っても、保険適応外の自費診療になると言う事です。その為、診察から薬の処方まで、すべて、自費での支払いになってくる為、注意が必要です。そして、プロペシアなどの薄毛治療薬の場合、長期に渡っての使用が必要になってきます。その為、長期間、その薬を苦入する事が必要になってくるのです。1か月の費用の目安としては、1万円から1万5千円程度となっており、それだけの治療費を何度か支払い続ける必要があります。

 

そのような事から考え、決して、安い治療方法ではないと言えるAGAの治療方法。その為、治療を始める前には、どの程度、費用をかける事ができるのか。また、いつまで、治療を行う予定にするのか。どの程度で満足するのか。など、自分自身に自問自答し、明確に目標、限度額を決めた上で、受診し治療を始める事をお勧めします。そうする事で、無理なく、AGA治療を行う事ができると思います。