元気な髪の毛を生やすためには頭皮を清潔に保つ必要がある

元気な髪の毛を生やすためには頭皮を清潔に保つ必要があります。

 

頭皮は皮脂と呼ばれる油分で覆われていますが、これが頭皮に溜まってしまうと問題が生じてしまいます。たとえば皮脂が毛穴に詰まると髪の毛の成長は阻まれます。

 

またその皮脂を餌とする雑菌が繁殖し、その結果毛穴周辺が炎症を起こしてしまいます。このような状況によって髪の毛を作る力が弱り、最終的に抜け毛が生じてしまうのです。そのため皮脂や汚れには十分に注意する必要があるのです。

 

しかし皮脂は非常に重要な役割を担っています。頭皮は乾燥すると痒みやひび割れを生じさせます。このようなことがないよう、皮脂は頭皮を乾燥から守っているのです。そのため皮脂を完全に除き去ってしまうことも、頭皮トラブルの原因となるのです。ここで考えるべきなのはシャンプーの仕方です。洗浄力の強いシャンプーを使用すれば汚れをきれいに流し去ることができます。しかし必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性が出てきます。

 

そのため頭皮の健康を考えるのであれば、適度な量の皮脂を頭皮に残すようにするべきです。まずシャンプーをつけて頭を洗う回数は、1日に1、2回とするべきです。頭皮が汚れやすいと感じる人は頻繁にシャンプーを使用するのではなく、約38度のお湯のみで頭を洗うことができます。

 

このようにすることで大半の汚れを落とすことができるのです。また自分が今使用しているシャンプーの洗浄成分が強いと感じる場合、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーに変更することができます。このようなものは洗浄力が抑えられたもので、適量の皮脂を頭皮の残すことに貢献してくれます。

 

仮に頭皮の皮脂を洗い流しすぎた場合、脳は皮脂が足りないものと勘違いして大量の皮脂を分泌します。このような状態が頭皮の皮脂の過剰分泌を招き、その結果頭皮トラブルが生じて薄毛が発生してしまうのです。きれい好きな人の中にはこうしたことが原因で薄毛が生じていることがありますので、もう一度シャンプーの仕方を見直すべきです。